ファーネス工事部の紹介
築炉工事とは
人類は火の使用により、照明・暖を取る・獣から身を守る・食物に火を通すなど多くの利益を得てきました。
50万年以上前とも言われる火の発見から現在までの間、火はさまざまな使われかたをしてきました。

とりわけ、産業においての工業炉は人類の火の歴史の核といえる位置づけではないでしょうか?

築炉工事とはその工業炉(アルミ溶解炉、セメント焼成キルン、焼却炉など)の内側に炉を熱から守るために張られた耐火物(耐火煉瓦、キャスタブル)を張り替える工事の事です。
これらの炉は操業する限り、内張り耐火物は消耗し、張替えの必要が生じます。
わたしたちは築炉工事のエキスパートとして、産業の発展を支え、社会に貢献する存在でありたいと願っています。

私たちのポリシー
私たちのポリシーは・・・
「スピード」
経験を基に、チームプレーで可能な限り、どこよりも早く。
「機動力」
フレキシブルなフットワークで。
「対応力」
常に技術を磨き、お客様のあらゆるニーズにお応えします。

築炉工事に対し、情熱的に取り組んでいます。
作業員は各々が煉瓦積、型枠、足場、溶接、重機運転など複数の作業をこなし、突発工事や想定外の工事にも迅速に対応する事ができます。実践講習会等を行って、終わりなき技術の向上に努めています。

実践講習会

また「安全」については、最も重視している点であり、対策や安全に関する情報について、常にミーティングを行い最善な方法を実践する事は、弊社の指針でもあります。

すぐに準備できるよう整理整頓を心がけています
主要現場